新人研修やOJT研修は、教える側のスキルも同時に身につくことがメリットです。

企業研修比較ドットコム

新人研修(OJT)

企業研修比較ドットコム

新人研修(OJT)

新人研修(OJT)について

新人社員が入社してきたらまずはじめに行うのが新人研修です。実際に新入社員に行ってもらう業務のやり方などを教えていきます。新人研修はまたの名をOJT研修といい、OJTとは「オン・ザ・ジョブトレーニング」の略称です。具体的に説明すると、先輩社員がレクチャーしながら新人に実務経験を積ませる事により、業務上で必要とされる知識や技術を身につけさせるトレーニング法のことを言います。

OJT研修ではどれだけ効率よくかつ的確に業務内容を教えられるかが鍵となり、教える側である先輩社員や上司の「教える力」が試されるときでもあります。つまり、教わる側の努力だけでなく、教える側に知識と教えるためのスキルがないと、教えることができないので、教える側の勉強が必要になるということもあるのです。どちらの成長も同時に望めるという点で、一石二鳥の方法であるといわれています。ここで取り扱う新人研修(OJT)では、新入社員に効率よく業務を覚えてもらうためにの「育成計画の立て方」や実際に指導する際に必要となる「指導スキル」を講義を通して身につけることができます。OJTの初心者の方はもちろん、自社で行っているOJTがうまくいかないとお悩みの方にぜひ受けていただきたい研修です。

コンテンツ一覧

掲載企業募集中

よくあるご質問